【FF14】真タイタンに勝てないのが悔しすぎて

こんにちは。

 

f:id:pekepy0728:20200212063317p:plain

ぺけぴです。

 

※蛮神『真タイタン』のネタバレあります。

 

何回やっても真タイタンが倒せない

f:id:pekepy0728:20200212214909p:plain

ショタコボルドの感情のばくはつにより召喚されてしまった大地の蛮神タイタン。アルフィノが「出来損ないの蛮神だ・・・さくっとやっつけてきてくれ」と言う。ヒュージョンに失敗したゴジータめいただらしない体型のタイタンが出てくるのかと思いきや、そのはちきれんばかりに隆起した筋肉のダイナミクスは紛うことなく最盛期のそれであり、出来損ないなどとんでもない、完全に完成されたタイタンがそこに屹立していた。

 

アイテムレベル下限・超える力なしの攻略にこだわっているせいもあるが、それを差し引いても───毎度引き合いに出して申し訳ないが───合体アシエンや蛮神トールダンの比じゃない、間違いなく過去最強の敵だ。

二日間、あわせて6時間以上おれたちは挑み続けたが、勝てなかった。正直おれはまあまあ、履歴書の特技欄に「ファイナルファンタジ」と書けちゃうくらいには上手いんじゃないかと思っていたが、そういうおれの調子こき精神を真タイタンはボゴボゴにぶん殴り、履歴書も引き裂いてきた。

 

このままではおれのストーリーはここで詰んでしまい、暁の灯は消える。ほこりやプライドを失ったおれは酒やベイブに逃げ、家族からも見放され、興味もないYOUTUBE動画をザッピングするばかりの毎日を送り・・・やがて老いて・・・ひとりでしぬ。そこにはただの敗者のしかばね以外、何も残らない。

下限という枷を外せば、攻略自体は成るだろう。しかしそれは、実質的な逃げ・・・そうやって逃げて、この先、盟友の Plan や Ikopu たちと、笑顔でダンジョン攻略できるだろうか? なんとかこの難易度のまま、勝ちたい。一度あたまと気持ちを整理するため、この二日間、幾度もの挑戦で得たプラクティスをここにまとめることにした。

なお、もしかしたら勘違いとかによる誤った記ぢゅつがあるかもしれないが、そこは目をつむってほしい。


インフォメーション

ロール:戦士(メインタンク)

アイテムレベル:57

HP:タンクが5000弱(料理食べると5000超える)、 他のメンバーが4000前後


第一段階(心核まで)

戦闘開始したら、まずはチャージ(10秒攻撃力アップ)を使って少しでもダメージを稼ぐ。ロックバスターとゆう範囲攻撃をを随時打ってくるので、他のメンバーとはタイタンを挟んで反対の位置で戦う。

ノーマルタイタンでも使ってきたランドスライドは 当たると場外にふっ飛ばされて蘇生も出来なくなるので絶対に避ける。

定期的に激震というしこふみ技を使ってきて、全体に500強×複数回の不可避ダメージ。これだけで全員がごっそり消耗してしまうので、リプライザル(敵の攻撃力をちょっと下げる)はこれに合わせる。リプライ猿のクールダウン1分に対し、激震の周期は1分以上あるので、基本的には毎回メインタンクが使うのでいいはず。

ジオクラッシュで外周をどんどん削り精神的圧力をかけてくるが、崖っぷちギリギリで受ければ1500ダメージくらいに軽減できる。このとき他の仲間と一箇所に集まるとヒーラーがまとめて範囲回復できてよい。

大地の重みはくらうと2000弱くらいのダメージ。メンバーの足元が攻撃範囲になるので、なるべくみんな重なるように意識するとよけやすい。しかし万一避けられなかったばあいは多段ヒットでしぬことになる。たぶんメインタンクは攻撃の対象外なので、おれはあまり気にしなくても良かった。

 

残り80%くらいの時点で、ボムをフィールドの周囲と中心にばらまく。まずは中心に居て、最初の一発が爆発したらそっちへ移動する。あたると2000強ダメージ受けるので、しっかり避けること。ランドスライドも重ねてくるのでテンパらないようにする。

 

残り60%くらいで、二回目のボム。フィールド全体にまんべんなく撒かれるが、外周のボムとボムのあいだが安全地帯あんおで、そこに退避。ロックバスターも使ってくるので、メインタンクは他のメンバーとは別の安地にいくこと。ここでの攻撃で結構HPを持ってかれるのでうっかりやられないよう回復もしっかりする。

 

第二段階(心核)

心核が出たら、チャージからの原初の魂(戦士の最高火力のゲージ技)をブチ込んでいく。ゲージ回復技を合わせれば4連続で使えるはず。しょうじき戦士が頑張ったところで与えられるダメージはたかが知 れているのだが、ここで出し切らないでいつ出し切るんだという状況だ。手の豆をつぶして斧を振るえ。

仲間一人を岩に閉じ込めて行動不能にしてくるグラナイトジェイルは、心核フェイズ中に二回使ってくるが、結構制限時間に余裕がないので、二回目に封印されたやつのロールがタンクとかヒーラーだったら、無視して心核攻撃を優先したほうが良さそうだ。

心核破壊が間に合わなさそうであれば、LIMITBREIKもここで使っていく判断も必要だ。でも出来ればここは温存したい。

 

心核を壊しきれば、大地の怒りのダメージを2000程度に抑えることができて、最終第三段階へ移行する。ここまではオードブル、本番はこれからだ。

 

第三段階(過重圧殺)

BGMのこうふんが最高潮に高まるこの第三段階、開始直後に必殺のちゃぶ台返し(まともにくらうと4000弱ダメージ)がくる。おれの死因ナンバーワン攻撃だ。ヴェンジェンスランパードの被だめジージ軽減スキルを駆使して、なんとか死なないようにこらえる。

無慈悲極まりないタイタンは、そのあと間髪入れず激震も放ってくる。この激震、心核を倒しきるスピードによっては、前の激震から1分あかないことがよくあった。つまりおれのリプライザルはまだクールタイム中だ。その場合はサブタンクにリプライザルを代わってもらう。

 

お次はボムだ。ここがおれ的にタイタン線最大の難所といえるだろう。3×3の川の字のようにボムが降ってきて、まんなか1列→片側1列→最後1列の順にばくはちする。まずは最後に降ってきた列に退避して、真ん中の列が爆発したらそこににげる。

ただ、範囲攻撃のロックバスターもしてくるので、このときもタンクはメンバーには近寄らないようにする。タンクはつねに孤高の存在だ。理想は、縦に3つ並ぶボムの1つ目にメンバーが集まって、3つ目におれがタイタンを引き付ける形だ。

無慈悲極まりないタイタンは、ランドスライドも同時にやってくる。それを避けることばかり気にしてるとボムがあたってしぬので気を付けなければならない。

さらにボムの直後にちゃぶ台返しもくる。耐えきれるHPが残ってないときはホルムギャング(むてき技)を使う必要も出てくるだろう。ホルムギャングのクールタイムは4分で、次のちゃぶ台までに再使用可能にはならない。おれはサブタンクにスイッチするようにしていた。その場合、自身がサブになることで、 今まで被対象にならなかった大地の重みとかジェイルが飛んでくるようになることは気を付ける。

おれたちはだいたいこの辺りからパーティが総崩れして、そのままオブツダンというパターンが多かった。ボムが避けられなかったり、ロックバスターに巻き込んでしまったり、ちゃぶ台返しを耐えられなかったり・・・原因はいろいろあるが、とにかくわちゃわちゃになるのがここだ。それらを如何に冷静に対処できるか。ここが真タイタン戦の肝とみて間違いないだろう。

 

第三段階のタンタンの攻撃はルーティーンが決まっていて、ちゃぶ台返し → 激震 → 大地の重み → ボム → ランドスライド → ちゃぶ台 → 重み → ジェイル → ランスラ → ちゃぶ台・・・この繰り返しであることが、我ら404の智将 Ikopu Themonster のウルトラ観察眼によって判明している。

この1ループを乗り切った時点でタイタンの残りHPは30%強だった。つまり、あと1回ないし2回は、ボム・ラン・チャブの鏖殺コンボを乗り切らなければならない計算になる。いや、もしかしたらこの後もさらに新しい攻撃パターンが加わるかもしれないが、今のところわかっているのはここまでだ。

 

未来へ

この真タイタンは、とりわけ難解なギミックがあるわけではなく( 強いて言えばボムくらい)、ただただ高い攻撃力で圧倒してくるストレートな脳筋やろうだ。ゆえに小賢しい戦法は通用しない。勝利のために必要なのは、ギミックの知識だとか小手先のテクニックだとかそういうものではなく、真正面の殴り合いについていくための持久力であり、純粋なチームとしての練度だ。

息の合った連携・・・集中力を切らさず、最適な行動をし続け、そして何度負けても決して挫けず、心の炎に薪をくべ続けること・・・何より、下限で倒したいというおれの意地に付き合ってくれる仲間への、圧倒的感謝!

 

f:id:pekepy0728:20200212214831p:plain

今日もまたおれたちは戦地へと向かう。

 

ではまた。

 

 

 

2/13 追記

f:id:pekepy0728:20200213002929p:plain

下限真タイタン、圧倒的に攻略完了!!